銀歯を使わない安全な治療
~メタルフリー~

  • ホーム > 
  • 銀歯を使わない安全な治療~メタルフリー~

金属を使用しないメタルフリー治療

金属を使用しないメタルフリー治療

虫歯治療などで歯を削った際に詰め物・被せ物を装着します。保険診療では主に金銀パラジウム合金やアマルガムといった素材が使われており、これは一般的に「銀歯」と呼ばれているものです。銀歯では比較的安価に治療できますが、見た目の悪さや歯ぐきへの影響、金属アレルギーのリスクなど様々な問題があります。

口元の健康美をご提供する「グリーンアップル吉祥寺歯科医院」では、健康と美しさを両立するためにも、金属を一切使用しないメタルフリー治療をおすすめしています。

銀歯が体に与える影響

銀歯が体に与える影響

白い歯列の中で目立ってしまう銀歯。銀歯は見た目の問題だけでなく、様々なリスクがあります。口元の美しさはもちろん、全身の健康を考えるうえでも、お口の中にある銀歯はできるだけ早く取り除いたほうがよいでしょう。

虫歯や歯周病になりやすい

天然歯と比べて銀歯の表面は歯垢が付着しやすい傾向にあり、虫歯や歯周病が発生するリスクが高まります。

咬み合う歯を傷付ける

天然歯と比べて銀歯は硬いため、咬み合う歯を傷付けてしまい、割れたり欠けたりすることがあります。

歯ぐきが黒ずむ

金属は経年によりイオン化して溶け出します。イオン化した金属が歯ぐきに色素沈着することで、黒ずんでしまうことがあります。

金属アレルギーを引き起こす

金属アレルギーを引き起こす

イオン化した金属が口腔内の粘膜を通して体内に取り込まれると、金属アレルギーの反応を起こすことがあります。原因不明の皮膚のかぶれやかゆみ、倦怠感、頭痛などの症状は、お口の中の銀歯が原因かもしれません。

金属の種類と危険度

金属の種類と危険度

金属アレルギーは、口腔内の金属がイオン化して溶け出し体内に取り込まれることで起こります。金属は種類によってイオン化しやすいものがあり、イオン化しやすい金属はアレルギー症状を引き起こすリスクが高くなります。金属の中でも危険度が極めて低いのがチタンです。チタンはインプラントにも用いられており、安全性が高い金属として知られています。

危険度「大」 危険度「中」 危険度「小」 危険度「ほぼなし」
ニッケル
クロム
コバルト
アマルガム(水銀)
アルミニウム
亜鉛
パラジウム
銀合金
プラチナ
ゴールド
などの貴金属
チタン

オーダーメイドの詰め物・被せ物を作製します

オーダーメイドの詰め物・被せ物を作製します

上下の歯がしっかり咬み合うためには、詰め物・被せ物がお口の中でぴったりフィットすることが重要です。当院では、信頼のおける技術の高い歯科技工所と密に連携をとり、患者様の歯並びや歯の形、咬み合わせを考慮した、最適な被せ物・詰め物を作製しています。当院なら、どこを治療したかわからないほど自然で美しい仕上がりを得られるでしょう。

メタルフリー素材紹介

メタルフリー素材紹介

当院が取り扱っているメタルフリー素材をご紹介します。

ジルコニア

ジルコニア

人工ダイヤモンドの素材にも使われており、高い審美性と強度を兼ね備えています。
審美性 ★★★★★ 耐久性 ★★★★★
メリット デメリット
  • 天然歯のような透明感のある美しい仕上がり
  • 経年による変色の心配がほとんどない
  • 歯垢などの汚れが付きにくい
  • 歯ぐきの黒ずみや金属アレルギーの心配がない
  • 強度が高い
  • 歯を削る量が比較的多い
  • 天然歯より硬いので咬み合う歯を傷付ける恐れがある
  • 自費診療のため、治療費が比較的高い
  • 天然歯より硬いので咬み合う歯を傷付ける恐れがある
オールセラミック

オールセラミック

すべてセラミックで作られた素材です。自然な白さと透明感が得られ、高い強度があります。
  • セラミック1day セット前
    セラミック1day セット前
  • セラミック1day セット直後
    セラミック1day セット直後
審美性 ★★★★★ 耐久性 ★★★★
メリット デメリット
  • 自然な白さと透明感が得られる
  • 優れた強度
  • 汚れが付きにくい
  • 経年による変色の心配がほとんどない
  • 歯ぐきの黒ずみや金属アレルギーの心配がない
  • 歯を削る量が比較的多い
  • 天然歯より硬いので咬み合わせる歯を傷付ける恐れがある
  • ジルコニアに比べ多少割れやすい
  • 自費診療のため、治療費が比較的高い
ラミネートベニア

ラミネートベニア

歯の表面を薄く削り、その上にセラミック製の薄い板を貼り付ける治療法です。前歯の形や、すきっ歯など軽度の歯並びの乱れを整えることができます。
審美性 ★★★★ 耐久性 ★★
メリット デメリット
  • 歯を削る量が抑えられる
  • ホワイトニングで白くならない歯も白くできる
  • 軽度の歯並びの乱れを整えることができる
  • 経年による摩耗・変色の心配がほとんどない
  • 表面だけ削るので被せ物より削る量が少ない
  • 健康な歯を削る必要がある
  • 前歯にしか適応できない
  • 自費診療のため、治療費が比較的高い