歯の痛みは早めの治療を
~一般診療~

  • ホーム > 
  • 歯の痛みは早めの治療を~一般診療~

歯の痛みは進行のサインです

歯の痛みは進行のサインです

「歯が痛い」「歯がしみる」という症状がある場合、虫歯の可能性があります。虫歯は、虫歯菌が口腔内の糖分を栄養にして酸を出し、その酸が歯を溶かす病気です。初期段階は自覚症状がないため気付きにくく、どんどん悪化してしまいます。虫歯は風邪のように自然に治ることはありませんので、歯に異変を感じたら早めにご来院ください。

歯は一度削ってしまうと二度と元には戻りません。どんなに治療をしても虫歯になる前の状態に戻すことはできないのです。口元の健康美をご提供する「グリーンアップル吉祥寺歯科医院」では、患者様の歯をできるだけ残すために、削らない治療を心がけています。重度の虫歯で抜歯の可能性がある場合でも、できるだけ歯を残す選択肢を採用しています。

虫歯を放置してはいけません

虫歯を放置してはいけません

虫歯は進行すると、「痛い」「しみる」といった症状が現れます。この症状はどんどんひどくなり、やがて激しい痛みを伴います。そのまま虫歯を放置していると、一時的に痛みが治まることがあります。これは、歯の内部にある神経が死んでしまい痛みを感じなくなった状態。治ったわけではなく、虫歯は進行しておりさらに悪い状態にあるということです。

虫歯は症状を我慢して放置していると、以下のような様々なデメリットを引き起こします。

  • 歯の根の中に膿が溜まり、さらに激しい痛みに襲われます。
  • 虫歯は悪化するほど治療は大掛かりになります。
  • 悪化した虫歯治療には費用も時間もかかります。
  • 神経に達した虫歯では、治療時に痛みを感じることがあります。
  • 虫歯は虫歯菌による感染症です。口腔内だけでなく全身に悪影響を及ぼす可能性があります。

歯を抜かずに救う「根管治療」

虫歯は放置しているとどんどん進行し、神経まで達してしまいます。そのまま治療しないと、最終的には抜歯せざるをえません。そんな重症化した虫歯に行うのが、「根管治療」です。

根管治療の流れ
1.汚染箇所の除去 2.根管内の計測 3.根管内の洗浄・消毒
1.汚染箇所の除去
虫歯に侵された箇所の神経や血管を除去します。
2.根管内の計測
専用の器具で、根管の長さを計測します。
3.根管内の洗浄・消毒
根管内の洗浄・消毒し、無菌化します。
4.薬剤の充填 5.土台形成・被せ物装着
4.薬剤の充填
根管内に細菌が入らないよう、隙間なく薬剤を充填し密封します。
5.土台形成・被せ物装着
被せ物を装着するための土台を形成し、その上から被せ物を付けます。

根管治療は、複雑な根管内に治療を行うため、とても高度な技術が求められます。少しでも根管内に虫歯菌を残してしまうと再発につながり、再発した場合、抜歯は避けられません。当院では、豊富な症例経験を持つ歯科医師が、歯科用CTなどの先端医療機器を活用して確実な根管治療を実現しています。

  • 根管治療01
  • 根管治療02
  • 根管治療03
根管治療に歯科用CTを使用します

根管治療に歯科用CTを使用します

歯科用CTとは、コンピュータを用いたデータ処理により3次元画像を得られる医療機器です。歯科用CTを用いることで、微細な病変の状態やその範囲、根管の複雑な形状、周囲組織の炎症などを確実に把握できます。これにより、根管内隅々まで病巣を残すことなく、確実な根管治療を実現できます。特に、再発の要因となる、根管の先端に膿の袋ができる「根尖病巣」はデジタルレントゲンではよく確認できませんが、歯科用CTでは可視化できるため、再発予防のためにも大変有効です。