自分の歯のように咬みたい方
~インプラント~

  • ホーム > 
  • 自分の歯のように咬みたい方~インプラント~

周りの歯に負担をかけないインプラント

周りの歯に負担をかけないインプラント

失った歯を補う方法として、これまでよく用いられてきた入れ歯ブリッジですが、周囲の歯に負担をかけてしまうというデメリットがあります。このデメリットを解消し、より快適に咬めるようになるのが、インプラント治療です。インプラント治療は、天然歯のような自然な見た目と咬み心地が得られる治療法として今、多くの方に選ばれています。

こういう方にインプラント治療はおすすめです

  • 残っている歯に負担をかけたくない
  • 治療後の歯を、少しでも健康に保ちたい
  • 自然な見た目にしたい
  • 入れ歯でしっかり咬めない
  • 入れ歯が合わない

しっかり咬めるインプラント~咬む力の比較~

しっかり咬めるインプラント~咬む力の比較~

インプラント治療とは、歯を失った顎の骨に人工歯根(インプラント体)を埋め込み、その上にセラミック製の人工歯を被せる治療法です。人工歯根に使われるチタン素材は骨との結合性が高いため、しっかり硬いものでもしっかり咬むことができます。

インプラント ブリッジ 入れ歯
治療方法 インプラント ブリッジ 入れ歯
特徴 チタン製の人工歯根と顎の骨がしっかり結合する。 周囲の歯を支えにして、橋をかけるように人工歯を付ける。 周囲の歯にバネを引っかけて固定する。
咬む力
(天然歯を100%とした場合)
90~100% 60~80% 30~40%

グリーンアップル吉祥寺歯科医院のインプラント治療

国際インプラント学会認定医の院長が担当

1.国際インプラント学会認定医の院長が担当

米国インディアナ大学歯学部インプラント科審美講師であり、国際インプラント学会認定医である理事長の森田がインプラント治療を担当します。豊富な症例実績で培った高度な技術を駆使して、上質なインプラント治療を実現します。難症例もお任せください。

精密な診査・診断

3.精密な診査・診断

正確さが求められるインプラント治療においては、事前に顎の骨の厚みや神経の位置などの詳細な情報を把握しておくことが重要です。当院では、精密な診査・診断を実施しており、顎の骨の厚み、血管や神経の通り道などを細部まで把握することで、より正確な治療計画を立案できます。

インプラントの安定性を確認

インプラントの安定性を確認

従来インプラントを埋入直後に、しっかり骨と結合しているかを判断するのは困難でした。そして埋入後の期間や経験に頼って判断をせざるを得ない状況でした。しかし当院ではオステルISQアナライザを使用し、インプラントの安定度を数値化しています。これによりインプラントがしっかりと安定した状態で過ごしていただけます。

【オステルISQアナライザを使用するメリット】

  • インプラント体に接触せずに測定可能
  • リスクの早期発見が可能
  • 迅速な治療方針の決定が可能

骨が少ない方もインプラント治療が受けられます

インプラント治療を行う際に骨の幅や高さが少ない場合、インプラント治療が出来ないことがあります。しかし現在は、技術や材料の進歩により骨の量が足りなくても、骨を再生することでインプラントを埋入出来るようになりました。その方法を以下でご紹介します。

CGF
  • CGF
  • CGF
  • CGF
  • CGF
  • CGF

ケガをして血が出てしまったとき、止血するために血液中の凝固因子が放出され、フィブリンという物質が作られ、傷の治りを促進させます。
CGFとは、専用の遠心分離器で患者様ご自身の血液を分離して、このフィブリンを人工的に作製したものです。添加物(抗凝固剤や凝固促進剤など)を一切加えずに作製できる完全自己血液由来のフィブリンゲルです。
つまりインプラント治療においては、骨が足りないところにCGFを填入し、骨の再生・治癒を早めたりするのに使います。そのため、骨が少ないとインプラント治療を断られたり断念された方でも、当院では治療できる可能性があるのです。

GBR
  • GBR
  • GBR
  • GBR

あごの骨の太さ・高さが足りない場合に行う治療法です。骨が必要な部分に自家骨や骨補填剤を入れ、その上から人工膜を被せて骨が再生するためのスペースを確保します。その後3~6ヶ月間、人工膜の内側で骨が再生するのを待ってからインプラント手術を行います。

サイナスリフト・ソケットリフト
  • サイナスリフト・ソケットリフト
  • サイナスリフト・ソケットリフト

インプラント治療(骨造成)の流れ

インプラント治療(骨造成)の流れ

症例紹介

※こちらのコンテンツには血液や膿の画像が含まれております。そのような画像をご覧になっても大丈夫な方は「続きを見る」をクリックしてください。抜歯と歯根嚢胞の画像がご覧いただけます。

>> 続きを見る

インプラント治療Q&A

Qインプラントは誰でも受けられますか?
A骨の成長が止まる16歳から受けられます。基本的に健康状態に問題なければ何歳でも治療可能です。
Qインプラント治療は痛いですか?
A治療前には的確な麻酔を行いますので、痛みはありません。
Q人体への影響はありますか?
A人工歯根には生体親和性の高いチタンを使用していますので、人体への影響はほとんどありません。強度が高く、骨内で腐食することもありません。
Qインプラントはどのくらい持ちますか?
A患者様の口腔内の状態により異なりますが、きちんとメンテナンスを行っていれば半永久的に使用することができます。
Q治療期間はどれくらいですか?
A年齢や口腔内の状態により異なりますが、目安は約3~6ヶ月です。
Q治療費用はどれくらいですか?
A治療内容により異なりますので一概にはお答えできませんが、自費診療になるため比較的高額になります。詳しくは歯科医師におたずねください。
Q糖尿病などの疾患がある場合でも治療を受けることはできますか?
A症状により異なりますので、まずは一度ご相談ください。