気になる歯並びを治しましょう
~小児・成人矯正~

  • ホーム > 
  • 気になる歯並びを治しましょう~小児・成人矯正~

年齢問わず歯並びは整えることができます

年齢問わず歯並びは整えることができます

矯正治療は子どもだけのものだと思っていませんか。矯正治療は、子どもだけでなく大人になっても行うことができ、歯や周囲組織(歯ぐきや歯を支える顎)が健康であれば何歳でも可能です。すでにブリッジや入れ歯、インプラントを使用しているという方でも矯正治療を行えます。

口元の健康美をご提供する「グリーンアップル吉祥寺歯科医院」では、日本矯正歯科学会認定医による小児矯正、成人矯正を行っています。お子さまの場合、歯や顎の骨の成長具合を見ながら、大人の場合には、見た目などを考慮しながら矯正を進めていきます。歯の見た目にコンプレックスを感じている方、歯並びや咬み合わせが気になる方は一度ご相談ください。

子どもの頃に矯正を始めた方がいい理由

子どもの頃に矯正を始めた方がいい理由

永久歯が生えそろっておらず顎の骨が成長段階にある子どもの場合、成長を利用しながら進められるため、比較的治療期間が短く、高い治療効果が期待できます。また、無理なく歯を動かすことができるため、痛みも少なく済みます。

美しい顔立ちに導くことができる

顎の骨の成長具合を見ながら、正しいバランスに整えることができるため、美しい骨格を形成することができます。

抜歯を回避できる可能性が高い

永久歯が生えそろうスペースを確保しながら矯正するため、永久歯を抜歯することなく矯正治療を行える可能性が高くなります。

コンプレックスを解消できる

出っ歯や受け口がコンプレックスとなってしまうことがあります。矯正治療で見た目を改善することで、コンプレックスを解消でき健やかな精神発育を促すことができます。

お口本来の機能を取り戻せる

歯並びや咬み合わせの乱れは、見た目の問題だけでなく、発音や食べ物の食べ方・飲み方、消化器官にも大きく影響を及ぼします。矯正治療によりこれらの問題を解消することができます。

大人になってからの矯正が短期間で済む

大人になってから矯正が必要になった場合、治療期間が短くなったり、抜歯を回避できたりします。

このようなクセには注意してください

子どもの骨格はやわらかいため、指しゃぶりや頬杖などのクセが、歯並びや咬み合わせに悪影響を及ぼすことがあります。以下のようなクセがあったら、早めに直してあげましょう。

指しゃぶり 何かを咬み続ける 頬杖 爪や唇を咬む
指しゃぶり
出っ歯になりやすくなります。5歳過ぎても指しゃぶりをしているなら注意しましょう。
何かを咬み続ける
上下の歯が咬み合わなくなったり、出っ歯になりやすくなったりします。
頬杖
顎関節や顎の骨に大きな負担がかかり、顎がゆがむ原因になります。
爪や唇を咬む
爪や唇を咬むクセは「受け口」に、下唇を咬むクセは「出っ歯」につながります。
口呼吸 舌のクセ 丸飲み
口呼吸
舌の位置が不安定になり、歯並びを乱す原因になります。
舌のクセ
舌で歯を押すクセがあると、歯並びを乱す原因になります。
丸飲み
咬む刺激が伝わらないと顎の骨の成長に影響し、歯並びを乱す原因になります。

小児矯正装置

  拡大床 バイオネーター FKO T4Kなど 急速拡大装 ブラケット+ワイヤー
名称 拡大床 バイオネーター FKO T4Kなど 急速拡大装置 ブラケット
+ワイヤー
様式 取り外し式 固定式
適応症 大人の歯の並ぶ隙間が足りない方(*)
+かみ合わせが深いなどの方

+上下の顎が前後的にずれているなどの方

+舌や唇の癖が強いなどの方

のうち、ある程度歯の生えかわりが進んでいる方

+前歯のガタガタの強いる方
注意事項 装着時間が短いと、期待している効果が発揮されない 一般的な矯正治療の注意事項に準じる
費用 矯正基本料35万円+調整料5000円/月
お支払い方法 初期費用5万円 残額を治療期間内にお支払

矯正の最大の目的は虫歯や歯周病の予防です

  • 矯正の最大の目的は虫歯や歯周病の予防です
  • 矯正の最大の目的は虫歯や歯周病の予防です

矯正の最大の目的は、小児矯正も成人矯正も「予防」です。歯が凸凹に生えていると隅々までブラッシングがしにくくなり、歯と歯の間が空いているすきっ歯の場合、食べカスが挟まりやすくなり虫歯のリスクが高まります。

歯並びを整えることで、ブラッシングがしやすくなるため、虫歯や歯周病の予防につながります。生涯ご自分の歯で食事や会話を楽しむためにも、矯正治療をぜひご検討ください。

目立たない矯正装置もあります

目立つ矯正装置に抵抗がある方には、以下のような矯正装置をおすすめしています。目立たない矯正は、接客業や営業など人前に出るお仕事をされている方、就職活動中や婚活中、結婚式など大切なイベントを控えている方が、よく利用されています。

クリアブラケット
クリアブラケット 歯の表面に透明なブラケットを装着し、そこに透明なワイヤーを通して歯を動かしていく矯正装置です。歯を動かす仕組みや得られる効果は、メタルブラケット矯正と同じです。
メリット デメリット
  • 目立たず気付かれにくい
  • ブラケットの色を患者の歯の色に合わせることができる
  • 金属アレルギーの心配がない
  • あらゆる症例に適応できる
  • メタルブラケット矯正よりも比較的高額
リンガルブラケット(裏側矯正)
リンガルブラケット(裏側矯正) 歯の裏側にブラケットを装着し、そこにワイヤーを通して歯を動かしていく矯正装置です。正面から装置が見えることがありません。表側矯正より治療期間が長引いてしまう可能性があります。
メリット デメリット
  • 目立たず気付かれにくい
  • 唇に押し当てる吹奏楽器を演奏する方でも、無理なく矯正ができる
  • 歯の表面のエナメル質を傷付けにくい
  • メタルブラケット矯正、クリアブラケットよりも比較的高額
  • 表側矯正より治療期間が長引いてしまう可能性がある
  • 慣れるまで発音がしにくくなったり、違和感が出たりすることがある
  • 金属製の装置の場合、金属アレルギーのリスクがある
マウスピース矯正
マウスピース矯正 透明のマウスピースを用いて歯を動かす矯正です。採取した歯型からシミュレーションして作製したマウスピースを装着し、段階的にマウスピースを交換しながら、歯を正しい位置へ移動させます。
メリット デメリット
  • 目立たず気付かれにくい
  • ブラケット、ワイヤーを装着しないので、不快感が少ない
  • 痛みや違和感がほとんどなく口腔内を傷付けることがない
  • 食事や歯磨きの際には外せる
  • 取り外し可能なため磨き残しが起こりにくく、虫歯になりにくい
  • すべての症例で適応できるわけではない
  • 費用が比較的高額
  • マウスピースに着色することがある
  • 毎日一定時間(20時間以上)装着しなければいけない