痛みが苦手な方へ
~無痛リラクゼーション法~

  • ホーム > 
  • 痛みが苦手な方へ~無痛リラクゼーション法~

痛みが無い治療を受けませんか?

痛みが無い治療を受けませんか?

歯医者は痛いものだと思っていませんか。治療の痛みは患者様にとって大きなストレスであり、痛みに対する不安から歯科医院に行くのをためらわれる方も少なくありません。

口元の健康美をご提供する「グリーンアップル吉祥寺歯科医院」は、患者様の負担を軽減するためにも、無痛リラクゼーション法の実現に取り組んでいます。当院の無痛リラクゼーション法を受けて、歯科医院に対する苦手意識が薄らいだと言われる患者様が、これまで多数いらっしゃいます。痛みを抑えた歯科治療を、あなたも試してみませんか。

眠っている感覚で治療を受けられます

眠っている感覚で治療を受けられます

うっすらと意識はあるものの、ほとんど眠っているような状態になる麻酔方法を「静脈内鎮静法」といいます。麻酔薬を点滴によって腕の静脈に投与するため、治療に伴う痛みや振動・周囲の音などが気になりにくく、快適に治療を受けることができます。時間の感覚も薄れるため、あっという間に治療が終わってしまったと感じる方もいらっしゃいます。

しかし完全に意識がなくなってしまうわけではありませんので、通常の麻酔も併用します。また、全身麻酔とは異なり、静脈内鎮静法では体の防御反射が保たれ、問いかけにも反応できますので、安全性が高いという特徴があります。

静脈内鎮静法をおすすめするケース
  • 歯科治療が本当に苦手な方・歯科恐怖症の方
  • 複数の歯の治療・短期間で集中して早く治療を終わらせたい方
  • 嘔吐反射(口の中に物が入ると吐いてしまう反射)が強い方
  • 協力がなかなか得られない、障がいを持った方  
気をつけていただきたいポイント
  • 心臓・肝臓などに異常がある方は、使用できない場合があります
  • 妊娠中・授乳中の方、小児には使用できません
  • 薬剤に含まれる成分にアレルギーがある患者様は、使用できない場合があります
  • 麻酔終了直後には頭がボーっとする場合があります
    (院内でしっかりとお休みいただくか、ご家族の方に迎えに来ていただきます)
  • 麻酔が切れたあとは、痛みを感じることがあります(飲み薬にて対応)
  • 当日、麻酔前の飲食を控えて頂く必要があります
無痛治療の流れ
【1】カウンセリング&検査

【1】カウンセリング&検査

治療を行う前に、まずは患者様の状況について伺わせていただきます。症状や心境についてくわしくお話しください。また、レントゲンなどで簡単な検査を行います。

【2】無痛リラクゼーション法(静脈内鎮静法)

【2】無痛リラクゼーション法(静脈内鎮静法)

次に治療の際の痛みを緩和するために、静脈に点滴を打ちます。注入して2、3分程度すると意識がぼんやりとしはじめます。人によってはそのまま眠ってしまう方もいます。

【3】治療開始

【3】治療開始

患者様の意識がぼんやりし始めたら、治療を開始します。薬が効いているので、痛みを感じることはほとんどありません。

【4】意識回復まで休憩

【4】意識回復まで休憩

治療完了後は、意識がしっかり回復するまで休憩していただきます。エントランススペースのソファに腰かけて、ゆっくりとお休みください。

痛みを感じないようにするための取り組み

1.麻酔の前の表面麻酔

1.麻酔の前の表面麻酔

患者様が痛みを訴えることが多いのが、治療を行う前の「麻酔注射のとき」です。当院では、麻酔の針を刺す際の痛みを抑えるために、表面麻酔を行っています。針を刺す箇所にあらかじめ麻酔薬を塗ることで、痛みを抑えることができます。表面麻酔は、歯の掘削や歯石除去の際などに用います。安全性の高い、塗る麻酔薬を使用していますので、ご安心ください。

2.極細の針を使用

2.極細の針を使用

太い針より細い針を使用したほうが、注射時の痛みを抑えることができます。当院では、極細の注射針を採用。塗る麻酔と併用することで、麻酔時の痛みをほとんど感じさせないようにしています。

3.電動麻酔器を使用した麻酔

3.電動麻酔器を使用した麻酔

麻酔薬を注射する際に注入速度にムラがあると、痛みを感じやすくなります。当院では、電動麻酔器を採用。コンピュータ制御によって注入速度や圧力を一定にできるため、痛みを感じにくくすることができます。

歯医者が苦手だと感じる方も一人で悩まず、
是非ご相談
にいらして下さい。

歯医者が苦手だと感じる方も一人で悩まず、是非ご相談にいらして下さい。

当院では、歯医者が苦手な方でも安心して治療を行える無痛リラクゼーション法を導入しています。気持ちをリラックスさせるお薬を血管に直接入れることで、治療中の不快な思いを感じる事なく、むしろ心地よく行うことができる治療法です。痛いのが苦手、気持ち悪くなるなど、様々な理由で歯医者を避けてきた方々にとっては非常に有効な手法です。

全身麻酔とは違いますので、痛みを完全に取り除くわけではありませんが、術中も会話をしながら行える程の優しい麻酔ですので、体に対する心配もありません。また、無痛リラクゼーション法を経験したことで苦手意識がなくなり、通常通りに治療を受けられるようになった、という方も少なくありません。

歯医者が苦手だと感じる事は、何も恥ずかしい事ではありません。もし歯科治療を受けられず悩んでいらしているのであれば、是非一度ご相談にいらして下さい。